在宅ワークで「うつ」? 社内にいる人間から見てみた!社内の方がストレスであふれかえっている!あなたのその言動大丈夫??

仕事

在宅ワークはいいけれど、社内のいる人たちはどう思っているんだろう。

なるべく負担にならないようにしたいけどどうすればいいかな??

こんばんわ、りんたかです。

上記の悩み解決します!

読んでほしいひと

・在宅ワーク中のひと

・在宅ワークにするかどうか悩んでいるひと

読んだあとのメリット

・在宅ワークのひとが社内でどう思われているかわかる

・在宅ワークのリスクがわかる

・在宅ワークに切り替えるかどうか判断できる

筆者の会社では、在宅ワークは認められておりません。業務内容が在宅に向かないことが主な理由です。

しかし、そんな中でもこのコロナの状況でどうしても会社に行きたくない在宅ワークに切り替えさせてほしい。という社員が少数ですが存在します。

もちろん当然出てくる意見だと思いますし、筆者も可能であれば在宅が望ましいので全く否定はしません。

しかし、業務上在宅ワークが困難な会社で主張を通し在宅ワークを行うのであれば、守って頂きたい点、配慮して頂きたい点がいくつかあります。

本記事では、社内にいる側から見た在宅ワークで注意が必要な点を紹介させて頂きます。

前提条件

・大企業ではないので、会社自体に在宅ワークフローなどは存在しません

・社用車での通勤可能

・社内で温度検査、消毒液、マスクなどの予防対策は実施済み

それではさっそくいきましょう!!

社内の人間と同等のパフォーマンスを

筆者が務める会社は、大企業でもなんでもありません。従業員100人弱の中小企業です

なにか大きなバックアップ等があるわけではないので、個人個人の力量がそのまま会社の売り上げ、成績に直結します。

このコロナ禍で、業績低下もしておりますのでまさに今が踏ん張り時で社内は少しピリピリムードです。

在宅ワークですと、そんな社内の雰囲気や空気感は伝わりづらくなります。

厳しい言い方をすると在宅ワークは戦線離脱しているいように見えてしまうのです。

(会社として大々的に在宅を推奨できている会社は違うと思いますが)

在宅ワークは、その見られ方を払拭しなければなりません。

方法はひとつ!社内の人間と同じレベルのパフォーマンスをすること!!

在宅ワークとは、社内の人間がいて初めて成り立つ業務体系です。同等のパフォーマンスをしなければ社内の人間の負担が増えるだけ。

「どうせ在宅ワーク組はできることに限界がある」「結局最後は社内の人間だ」

このように思わせてしまうと、戦力に数えられなくなり社内での存在価値が低くなってしまいます。

それを避けるためにまずやることは、これまで以上に周りに気を配り、社内の人間が不便に思わないよう振舞いましょう。

在宅によってできることが限られるのは当然です。それは社内の人間も頭ではわかっています。

しかし、仕事の負担が増えることによって、頭ではわかっていても不満が溜まります。

なるべく社内の人間がやりやすいように気を配り、不便さをなくしてあげましょう!

補足 社内での円滑な業務を行うために必要なことも別記事で紹介しています。

コミュニケーションは自分発信で

在宅ワークになると、コミュニケーションが減少します。あらかじめ想定していた倍減少します。

社内にいる人間からは、なかなかコミュニケーションは取りずらい状況になりますので注意が必要です。

なにを注意するべきかと言いますと、

業務内容でやりとりはありますので全くしゃべらないということはないと思うのですが、世間話がなくなります

これまでなにも抵抗なく話をしていた人とさえ、

なにか薄い壁があるかのような感覚になってしまい、会話をするのにも少しためらいのようなものが生まれます。

おそらく、同じ空間にいないということが原因なのだろうと・・。

この感覚を打破するには、自分発信で積極的にコミュニケーションをとっていくことが必要です。

在宅ワーク側の人間は、社内の状況が把握しづらいのでこまめにコミュニケーションをとらないと

空気がよめないやつこの人に言っても理解できないという存在になってしまいます。

これは非常に危険ですので、最大級の警戒心をもって取り組みましょう。

在宅ワークにしかできない業務の発掘を

在宅ワークという、これまでと異なる働き方から見えてくるものがあります。

例えば
  • 非効率な業務フローの発見
  • オンラインでのプレゼン方法の確立
  • ペーパーレスの可否

これは在宅ワークの強みです。

これまでなんの疑問ももたずに行ってきた業務を、少し離れた視点から観察することができるので、変更点や、改善点などに気づくことができます。

現に当社では新たな業務フローが確立される見込みで、それが在宅ワーク者の評価にも繋がりつつあります。

当社では特にそうなのですが、在宅ワーク者の評価方法が決められておらず、基準もなにも無い状態です。

これは当社の良くないところでもあるのですが、発想を変えますとなんでも評価基準になるとも考えられます。

これは最大のチャンスであり、活かさない手はないです!

在宅ワークですと、通勤時間を取られることが無くなりますので、その時間を少しだけ考える時間として使ってみましょう。

家にいて、評価があがり、ボーナスが増えるならいいことしかないですからね。

まとめ

本記事を最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

在宅ワーク者を、社内にいる人間から見た視点で書いてみました。

現状、筆者は社内にいる人間側です。尚且つ在宅ワーク者に対して不満をもっている人間です。

社内にいる人間は、在宅ワーク者に対する不満が大なり小なり必ずあります。

在宅者は、それを念頭に置き行動した方が良いです。

もちろんすべての人の当てはあるとは思っておりませんが、現状在宅ワーク中の方で、上手く回っていない、働きづらいという人に、ほんの少しでも参考頂ければ幸いです。

ではでは。。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村


30代サラリーマンランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました