会社を退職したら給付金がもらえる?退職前に必要な準備をして最大28カ月分の社会保険給付金をもらおう!

住宅設備業界の転職
スポンサーリンク

仕事をやめた際にもらえるお金といえば「失業保険」と「退職金」ですよね!

実はそれ以外にもらえる給付金があるんです。

それは「傷病手当金」!

ある一定の条件を満たすことができれば、失業保険よりも多額の給付金がもらえますヽ(^o^)丿

この記事を読んでわかること
  • 「傷病手当金」をもらえる条件がわかる
  • 「傷病手当金」を確実もらうための方法がわかる
  • 退職後の資金計画を立てることができる

「傷病手当金」は本記事のタイトルにもあるとおり、「社会保険給付金」と呼ばれることもあります。

この「社会保険給付金」という言葉は、公的な制度から支給される給付金という解釈になりますので、 同じ意味でとらえて頂いて問題ありません!

それではさっそく解説してまいります!(^^)!

傷病手当金とは

「傷病手当金」とは、社会保険に加入している方が仕事とは無関係の病気やケガなどにより、働けなくなった際に受け取れる給付金です。

補足:社会保険とは

毎月の給与から引かれている「社会保険料」を支払って加入している保険のことで、主に会社員を対象とした保険を指します

ちょっとわかりずらいので簡単に言いますと、仕事中にケガをした場合は「労災保険」、仕事以外でケガをした場合は「傷病手当」という分け方になります。

実はこの傷病手当に該当するケガや病気が、退職理由になる場合は給付金がもらえるのです!!

傷病手当金をもらう条件

では「傷病手当金」をもらうにはどうのような条件が必要になるのでしょう??

傷病手当金に必要な条件
  • 健康保険に12か月以上加入している
  • 退職日まで15日以上残っている
  • 業務以外での病気・ケガが原因で仕事ができない
  • 休業中の給与がない
  • まだ就職先が決まっていない

簡単にお伝えしますと、業務外の病気・ケガで仕事ができず、収入も止まり、健康保険に加入しているひと。

つまりは、仕事に復帰できずに退職をするひと!ということですね。

他にも細かな条件はあるのですが、とりあえずは上記の条件を満たしていればクリアです!(^^)!

詳しい条件や申請などの流れは、別記事に記載しておりますのであわせてお読みください!

スポンサーリンク

傷病手当金を確実にもらう方法

「傷病手当金」を確実にもらうためにはサポート会社を利用する必要があります。

申請は個人で行うことも可能ですが、書類が複雑だったり、在職中からやらなければならないことがあったりと、自分自身だけで行うには非常に困難。

現在はサポート会社がありますが、以前までは行政書士に依頼するレベルの内容でした・・。

申請やタイミングを間違えると、給付されなくなる可能性もありますので、かならずサポート会社を利用するようにしましょう。

もちろん有料ですが、給付される金額の10%~15%程度の費用ですので損をすることは絶対にありません。ご安心を(^-^)

おすすめのサポート会社は実績のある「退職コンシェルジュ」

別記事でまとめておりますのでぜひご確認下さい。びっくりするくらいの金額が受け取れますのでw

まとめ

「傷病手当金」を受け取っている割合は、 日本の労働者である6500万人のうち、1600万人。そのうち傷病手当金を受け取っている人はおよそ0.5%の9万人だけです。

かなり少ない割合ですよね・・(^_^;)

これは認知度が低く、知らない人が多いことが原因なんです。

せっかく条件を満たすことができているのに、知らずに損しているなんてすごくもったいないですよね・・。

退職後のお金の心配がかなり軽減されること間違い無しなので、本記事をお読みいただき、条件を満たすことができるひとは必ず利用してくださいねヽ(^o^)丿

最後までお読み頂きましてありがとうございました<m(__)m>

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました