設備業者が選ぶ!新築・リフォームの際に絶対付けたいおすすめ住宅設備4選!ちょっとの差額で快適性アップ!

住宅設備おすすめ商品
スポンサーリンク

新築を建てるとき、またはリフォームをするとき、快適な生活を送るために重要になってくるのが住宅設備。

設備といってもいろいろな種類がありますので「実際のどんな設備をいれたらいいの??」と頭を悩ませているひとも多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、かならず入れておくべき設備を、住宅設備業者である「じゅーせつ」が紹介してまいります!(^^)!

住宅設備にくわしい「じゅーせつ」の自己紹介
  • 住宅設備業界歴10年以上
  • 年間施工棟数1000棟以上
  • 取引先 国内大手ハウスメーカー

本記事で紹介する設備は、いわゆる富裕層が購入するような高額なものは紹介しません。

そういった快適性ではなく、実用的なもののご紹介になりますのでご容赦下さいねm(__)m

必ず必要なものをちょっとの差額で快適性アップ

「ちょっとの差額で快適性アップ!」これは今回ご紹介する設備のコンセプトになります。

住宅にはかならず必要な設備があります。たとえば給湯器や換気システム。これは住宅には欠かせないものですよね!

その設備をちょっとの差額で「快適設備」に変えてしまおう!というものです。

それでは早速まいりましょうヽ(^o^)丿

マイクロバブル内蔵給湯器

まずはおすすめの給湯器の紹介です。

住宅にはお風呂を沸かしたり、お湯を作ったりする給湯器がかならず必要になりますよね!

そんな生活に欠かせない給湯器に、マイクロバブル機能が内臓されているタイプがあります。

マイクロバブルといえばミラブルのシャワーヘッドが有名ですが、給湯器内臓型はシャワーではなく、浴槽の中でマイクロバブルを発生させることができます。

お湯に浸かりながらマイクロバブルを使えるので、冷えることもなく体中くまなく効果を得ることができちゃうんです!(^^)!

このマイクロバブル有り無しの差額は5万円程度なので、ミラブルのシャワーヘッドを購入するのと大差がありません。

これこそちょっとの差額で快適性アップ!

この価格で自宅のお風呂がマイクロバブル付きにできるなんて、とてつもなくお得なのでおすすめです!!

「あとからマイクロバブルを付けたい!」というのも可能ですが、少し設置方法が変わりますので注意が必要です。

別記事でまとめておりますのであわせてご覧ください。リフォームの場合などはこちらの方法になるかと(^-^)

熱交換型換気システム

続いて紹介するのは換気扇です!

住宅では、建材等から発生する化学物質などによる室内空気汚染を防ぐために、換気扇を必ず設置してくださいね!と建築基準法で決められています。

これも給湯器と同じように、採用する換気の種類を変えるだけで、快適な設備へと変わります!(^^)!

通常、住宅で標準装備されているのは「壁に給気口」が空いていて「トイレやお風呂」の排気する「第三種換気」というタイプになります。

外の空気をそのまま取り入れるので、冬場など寒い思いをした経験ありませんか??

筆者がおすすめするのは「熱交換」ができる換気扇になります。

全てをご紹介すると非常にながくなってしまうので、くわしくは別記事をご覧になって頂けると嬉しいですが

ざっくり言いますと、「冷たい風が入ってこなくなる換気扇」!

この換気扇を使うと、エアコンの負荷も減りますので電気代の節約にもなります(^^)v

しかし、採用する際の差額はちょっとかかります・・。ダクトなども使用するのでおそらく数十万円ほど・・。

ですが、ハウスメーカーによってはこの「熱交換タイプ」が標準になっているところもあるので、ぜひ確認して見てくださいね!

水捨て不要の除湿器

あまり聞きなれない商品かと思いますが、ダイキンが発売している除湿器カライエという商品になります。

梅雨の時期って除湿器は欠かせないですよね・・。

これは一般的な床に置くタイプではなく、エアコンのように壁に設置するものになります。

驚くことに「水捨てが不要」です!!!

梅雨時期に必ず必要になる除湿器ですが、従来のものですと「水捨てが面倒」「カルキが付着して衛生的にちょっと・・」といった悩みがあります。

しかしこのカライエは、湿気が液体化する前に外に排湿してくれるんです!

さらに、湿度を感知して自動で運転する機能も付いていますので手間もかからず安心して湿気対策ができます。

ミドルクラスの空気清浄機くらいの金額で購入できますが、業者による設置工事が必要になります。

新築時の予算に組み込めばそこまで多きな出費にはなりませんのでぜひ検討して見てください(^^)v

デザイン性にも優れ、面倒な手間が一切ない除湿器なので非常のおすすめです!!

カライエのことをさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

ガス式衣類乾燥機

すみません最後に、これは本記事のコンセプトの「ちょっとの差額で快適性アップ!」とは違ってしまい、必ず必要なものではないのですが紹介させて下さい(^_^;)

CMでもよく見ますが、リンナイの衣類乾燥機「乾太くん」です!

「洗濯物は外に干すよ!」「ドラム式洗濯機に乾燥機能ついているから・・」

みなさま・・ごもっともです!!

そうなんです、なので必ず必要な設備ではないのですが、あまりにも良い商品なので紹介させてください!!

結論!「ドラム式洗濯機を買うなら、縦型洗濯機+乾太くんの方がおすすめです!!」

乾太くんのメリット
  • 乾燥時間が短い 5kgタイプ1回の乾燥時間約52分
  • ガスの力でふわふわの仕上がり
  • 花粉やモラクセラ菌の軽減
  • 1回の乾燥コスト 5kgタイプ約63円

これらのメリットがあり、高いドラム式洗濯機を買うなら、縦型洗濯機+乾太くんの購入コストとそこまで変わりません!

仕上がりも乾燥コストも乾燥時間も、ドラム式に比べ確実に乾太くんの方がメリットがありますので、強くおすすめできます!

筆者もこれまで何百台と注文を受けてきました。現状もっとも人気のある商品といっても過言ではありません(^-^)

ただ、設置状況に制限がありますので、そこだけは注意が必要です。

設置に関してはこちらにかなり詳しく書きましたので、購入される前にかならず読んで頂ければと!

まとめ

設備業者がおすすめする必ず入れておいた方がいい住宅設備は

  • マイクロバブル内蔵の給湯器
  • 熱交換型換気システム
  • ダイキンの除湿器カライエ
  • リンナイの衣類乾燥機 乾太くん

どの設備も、「高すぎて手が出せない・・」とはならない商品です。

本来必ず入れる設備に、ちょっとの差額を足すことで採用できます!

新築やリフォームのときは、ほかにも決めることがたくさんあり大変です。筆者も仕事で携わっているので分かります。

しかし、引き渡し後によく揉めるのが設備関係です。

「これは付いていると思った」「やっぱり付けておけばよかった」という言葉は多く聞きますので、後悔のないよう検討しましょうね!

最後までお読み頂きましてありがとうございました<m(__)m>

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました