【注意】ハウスクリーニング経験者がお教えします! 安い業者に依頼するならこれだけは気を付けて!

住宅設備

毎年の大掃除をはじめ、大がかりな掃除は年齢を重ねるごとにしんどくなってるわ。今年は業者さんにたのんでみようかしら・・。どこか安い業者さんあるかしら・・。

こんばんわ、りんたかです。

筆者は2年ほどハウスクリーニング業者で働いておりました。

年末に需要の増えるハウスクリーニング、業者にお願いすると自分ではできないところが掃除できたり、見違えるほどきれいになったりしますよね。

年に1度くらいはクリーニング業者にお願いすることは非常に良いことだと思います。

しかし、期待外れだったり、金額でもめたり、ということがあるのも事実です。

本記事では、クリーニング業者で働いたことのある筆者が、業者におねがいする際に気を付けたい注意事項をご紹介します。

こんなひとに読んでほしい

・はじめて業者にお願いするひと

・安い業者をさがしているひと

それでは、早速紹介していきますね!!

スポンサーリンク

費用は予約の段階で入念に確認 安い業者には注意

まずは費用面での注意事項です。

ハウスクリーニング業者ってよくチラシなどで目にしますよね??

安い金額が掲載されていて非常に魅力的に見えます。

もちろんきちんとした業者であれば問題ないのですが、クリーニング業者はゴマンと存在し、中には悪徳とまでは言いませんが常識の範囲のギリギリを攻めてくる業者もいます。

それは、現場での追加作業の勧誘です。

分かりやすく換気扇のお掃除を例にしますと、「換気扇のお掃除8000円!」とチラシに書いてあったとします。この「換気扇」とはどこまでの範囲を示すのでしょうか?

よく言われるのが、「換気扇内部のファンは別料金」「こちらの型だと追加料金」と当日、業者が来てから言われたりします。

そして、汚れている箇所などを実際に見せ、必要性を説明しその場で追加作業として費用を請求されます。

その実際に見せられる汚れは、業者から見れば大したことないのですが、お客さんからすると見慣れたものではないのですごく汚れていると認識してしまいます。

さらにひどいのは、汚れてもいないのに汚れているとウソをつく業者もいます。

こういう営業をしかけてくる慣れた業者はたいてい作業開始からある程度経ってから言ってきます。

換気扇などは脚立に上ってのぞき込まないと中が見えないので、業者が掃除中にお客さんが見れることはほとんどありませんので、本当に汚れているかどうか確認しようがないんです。

これを防ぐためには、予約の段階で詳細に作業内容と金額を確認するか、作業前に確認するしか方法はありません。

安い金額で宣伝し、実際の現場で追加作業をすすめてくる。この手口は非常に多いです。わたしも同じようなやり方を当時指示されていました。(やらなかったですけどw)

作業当日は決定権者が立ち合いましょう

先ほどの追加作業に関してですが、もちろん真実の時もあります。

その追加作業に必要性を感じた場合、もちろんやってもらうべきですがその判断をできない場合があります。

大体、日中の作業ですので立ち合いは奥様が多く、決定権が旦那さんにある場合はその場での判断ができす、後日改めて作業になることが多いです。

そうすると出張費がかかるケースがあるので割高になってしまいます。

また、営業をかけらた場合でも決定権者がいる方がいいです。

これは経験談ですが、非決定権者ですといいなりになるケースが多かったです。

追加作業項目にもよりますが、そこまで多額ではないのでOKしてしまうことがあり、中には旦那さんには言えないので家計ではなく、自分のお金で払うという方もいらっしゃいました。

無駄な出費や、損傷の確認なども必要になるため立ち合いは決定権がある方にしましょう!

スポンサーリンク

年末の大掃除 業者じゃなくてもできます

エアコンや換気扇の深部などは個人のチカラでは難しいと思いますが、日頃から手入れをすることで業者に依頼する回数が減らせたり、たのんだ場合でも安価でできる可能性もあります。

実際、現場を事前に見に行き見積もりを出したりする場合は、現場の汚れによって金額を変えていたりしました。大手ではなかなかないかと思いが、手頃な個人経営の業者であれば金額は変わってくると思います。

日頃の手入れで使えるお掃除道具を少し紹介しますと

換気扇の掃除でもっとも厄介なのが「シロッコファン」です。

換気扇の表面部分は、市販の洗剤を使って拭けば十分きれいになります。

しかしこの中で回っているシロッコファンの汚れは、洗剤系ではほとんどとれません・・

これはかなりの労力と時間がかかりますので、効率の良い道具が必須です。

油汚れを、えぐり取る感じなので気持ちいいですよ!くせになるかもw

まとめ

年末の大掃除に向けてそろそろ準備が必要になるころだと思います。

筆者も働いていたので、業者を悪く言うつもりはもちろんないのですが、注意しなければいけないのは事実です。

業者に依頼する場合は「追加金額」「立ち合い者」に注意して依頼してください。

せっかく新年を気持ちよく迎えるための大掃除なのに、嫌な気持ちになったり、失敗したら元も子もないですからね(^_^;)

それでは少し早いですが、良いお年を迎えられますようにヽ(^o^)丿



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村


30代サラリーマンランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました