ジャンプ+新連載「神のまにまに」第5話あらすじ ネタバレ注意

レビュー

スポンサーリンク

次のヒット作になるのではと噂の、猗笠怜司先生作品「神のまにまに」がジャンプ+で第5話が公開されました!

毎週最新話を無料で見ることができるので、ジャンプ+って素晴らしいですよねヽ(^o^)丿

他にも話題の「怪獣8号」「ダンダダン」も見れますのでおすすめのアプリですよー!!

それでは、「神のまにまに」のあらすじと見どころをご紹介してまいります!

第5話あらすじ

引用元 https://www.shonenjump.com/p/sp/shinrensai_2021/07/

神となった主人公の一進(いっしん)に、神狩りになって無念を晴らさないかと申し出る絹千代(きぬちよ)。

しかし、神狩りが神に手を貸すことは絹千代にとって重罪。強く反発する部下の稲葉秋水(いなばあきみず)から、一進と絹千代は殺意を向けられることに。

攻撃してくる稲葉に対して、上官である絹千代は「士官特権」を使い、拘束。

一進は、憎き神を滅ぼしだれも死なせない復讐をすると心に決め、絹千代の申し出を受けます。

身動きのとれなくなった稲葉を背負い、強い決意を抱き神狩りの本部へと向かう一進たち。

しかし本部に到着した一進を待っていたのは・・・。

みどころ

第5話では、少しずつですが「神のまにまに」の世界観があらわれてきました。

「士官特権」という制度があったり、稲葉のような「半妖」という神や人間以外のものの存在。

また、井戸に投げ入れると本部までの移動手段になる、「移り魚くん」という小道具。

物語の広がりになるであろう材料が、第5話には詰め込まれていました!

さらに、何と言っても第5話の最後の1ページに衝撃の描写が・・。

スポンサーリンク

まとめ

期待を裏切らない展開を見せた第5話!!スピード感のあるストーリーでサクサク読んでしまいますw

最後のシーンでは新たな登場人物も出てきましたので、さらなる展開があることは間違いないでしょう!

個人的には、これから伏線などがたくさん散りばめられる展開をになればいいなぁと思っております。

毎週木曜に更新されるので気になる方はチェックしてみてくださいねヽ(^o^)丿

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました