ジャンプ+新連載「神のまにまに」4話まで読んでみた!ネタバレ注意

レビュー
スポンサーリンク

第1話から面白いと話題沸騰の「神のまにまに」!現在、第4話まで公開されています。

一風変わった作風の猗笠怜司先生作品のため、今後の展開が非常に楽しみ!

本記事では、4話までのあらすじと見どころを紹介します!ネタバレ含みますのでご注意下さい。

4話までのあらすじ

引用元 https://www.shonenjump.com/p/sp/shinrensai_2021/07/

干ばつによる飢饉で荒れ果てた村の少年、一進(いっしん)が主人公。倒れた母や苦しむ村を救うため、一進は神に祈り、救いを求めます。

その祈りによって現れた神の予期せぬ非道な行動が、一進を絶望させ、自身を「たたり神」へと変えさせてしまいます。

そんな一進の前に現れた、織部絹千代(おりべきぬちよ)率いる神狩り。

この世界で神は、人間を食し、苦しめる存在であることを知ります。

そんな中さらに新たな神が現れ、一進と絹千代はともに戦うことに・・。

お互いの心がかみ合わないまま苦戦を強いられますが、まっすぐな一進の言葉・行動が、絹千代の心に変化をもたらせます。

新たな力で神を撃退した一進に、絹千代は神狩りにならないかと────。

人+神という異質の存在となった一進は、神狩りとなり無念を晴らす戦いに挑むのか────。

見どころ

かなり王道なストーリー展開で、気持ちよく読むことができます(^-^)

主人公の一進の両親に育まれた人間味。絹千代の後悔への健気さ。読者が応援したくなります!

そして3話で出てきた新たな力「神器明解」!語呂も良く、かっこいいネーミング!

鬼滅で言うと「○○の呼吸」、呪術で言うと「領域展開」的なやつですね。

どこをとっても、THE王道!ですのでジャンプ好きにはたまらない作品です!

スポンサーリンク

まとめ

全体的になにかとかぶっているような展開にも思えますが、まだ4話ですので決めつけるのは時期尚早ですねw

猗笠怜司先生作品ですので、今後の展開が楽しみです!(^^)!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました