仕事を取ってくる「ごめんなさい」の使い方

転職・仕事
部下・後輩
部下・後輩

やる気はあるんだけど、いまいち仕事がとれない。嫌われているのかなぁ・・どこが悪いんだろう・・

こんばんわ、りんたかです。

部下、後輩がこんな悩みを抱えていることありませんか?

なにかいいアドバイスをしてあげたいけど・・。もっと成長させてあげたいけど・・。そう思った上司、先輩の方!部下、後輩が使っている言葉を少し意識してきいてみましょう。

業種によって営業方法や独特なやり方があるかと思いますが、すべてに共通しているのは言葉です。人柄が相手に伝わりやすいのも言葉です。

目に入ってくる情報と同じくらい多くの印象を与える言葉。その言葉を有効に使って仕事につなげましょう!(^^)!

本記事では、営業歴10年の筆者が仕事を取ってくる言葉「ごめんなさい」の使い方についてご紹介します(^^)!

話の冒頭にまず「ごめんなさい」

ごめんなさい。この言葉、実は謝罪の意味より好印象を与える効果の方が強いんです(*^_^*)

筆者はお客さんと話しをしたり、なにかの商品説明をする際には、かなりの頻度で冒頭にごめんなさいを入れています。

例文

✅ごめんなさい、ちょっと見にくいかと思うのですが・・

✅ごめんなさい、こちらの商品との比較になりますと・・

✅かしこまりました。あ、ごめんなさい頂いたメールなのですが・・

連呼です(^_^;)全く謝罪するようなシーンではないのですが、もう文法として使用している感じですw

もちろん、申し訳ありません。すみません。という言葉に変えても問題ないのですが、なぜごめんなさいという言葉使うのか・・

ごめんなさいの方がイイ人に思われやすいんです。(#^.^#)

仕事を任せる相手は、例外なく自分にリスクやデメリットのない相手、つまりはイイ人を選びます。

ごめんなさいという言葉は、言葉のニュアンスからやわらかい雰囲気を出し、真意に近い印象を与えます。

使いどころにもよりますが申し訳ございませんより、ごめんなさいの方が業務的でなく人情的に感じられるため好感を得られる可能性が高いのです

事実、この方法で筆者は成績を落としたことはありません。担当を引き継いだり新しい取引先が増えた場合でも、この方法ですべて成績を上げてきました!(^^)!

「ごめんなさい」以外はきちんとした敬語で

ここで注意が必要です。

ごめんなさい以外の言葉が砕けてしまうとNGです。

あくまでビジネスシーンですので、ごめんなさい以外の言葉まで砕けてしまうとダメです。ただの常識ないやつになってしまいますからね・・(^_^;)

本来ビジネスシーンではふさわしくない言葉です。それを理解した上で使っていると相手にわかるくらいそのほかの言葉はしっかりと使うことが必要になります。

また、ごめんなさいを際立たせる効果にもなりますので、最大限効果を得るためにも注意してください(^-^)

筆者が若いころ、調子に乗りすぎて「友達じゃねーんだよ!」とお叱りを受けたことがありまして、信頼を取り戻すのに苦労した経験があります・・w(あのときは大変だったなぁ(^_^;))

表情豊かに「ごめんなさい」

冒頭でも申し上げましたが、かなりの回数ごめんなさいを使います。

さすがに相手も、そこまでいわれたら信ぴょう性がない。口癖じゃん。と思い始めます。

そんなとき、重要になるのが表情です

表情豊かに話すことによって、言葉に重みが生まれ、信ぴょう性が増します。そんなことは分かっている。あたりまえだ。と思われるかもしれませんが、実はこれが疎かになっている方がほとんどです。

特に、営業経験が長ければ長い人ほど疎かになっている傾向があります。

そうならないためにも、若いうちから表情豊かに話すことを心がけて刷り込んでおきましょう!それが10年後に非常に強い武器になります!

筆者は営業歴10年経った今でも、お客さんから「りんたかさんってほんとに楽しそうに話すよねーw」と言ってもらえます(^-^)

それがうれしいですし、筆者の仕事を取って来れれる要因にもなっています!(^^)!

ごめんなさい、少し話が逸れてしまいましたが・・。

つまりはごめんなさいが口癖のように聞こえてしまってはNGです。ごめんなさいに表情を上乗せして使うこと!少し大げさでも構いません!だって営業ですから(*^^)v

まとめ

とくに若い方は、相手の年齢の方が上のことが多いので、変に堅苦しい言葉を使ってしまい持ち味を出せないケースが多くみられます。

話し方や、言葉遣いでその人の持ち味が出るのであれば、多少砕けてもいいかも思います。(多少ですよ?w)

はじめの一歩として、ごめんなさいという言葉を使い、自分の話しやすいフィールドを作ってみましょう(^-^)

「なにかあったら俺が責任とるよ(*^^)v」と一言付け加えて、部下・後輩にアドバイスしてみてはいかがでしょうか。

ではでは。。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村


30代サラリーマンランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました