全館空調があれば空気清浄機はいらない!?それは大きな間違い!「きくばり」以外は必要です!!

住宅設備

全館空調って空気清浄機能もついているんでしょ??じゃなポータブルの清浄機はいらないね!!

その判断、ちょっとお待ちください!!

それは大きな間違いです(>_<)

たしかに最近の全館空調は、ほとんどのメーカーで空気清浄機能が付いております。しかしどんな方法で空気清浄しているかご存じですか??また、どのくらい効果があるかご存じですか??

本記事では、この道10年の筆者が全館空調の空気清浄機能についてご紹介してまいります!

お悩み解決人 りんたかの経歴

・全館空調に携わって10年

・年間400棟ほど施工している会社に勤める

・複数の有名ハウスメーカー、工務店での打ち合わせ施工実績多数あり

それでは早速いきましょうヽ(^o^)丿

スポンサーリンク

全館空調とは

引用元 https://paradia.jp/feature/comfortable.html

まずは、全館空調のことを少しご紹介させて頂きますね。

全館空調とは、その名称の通り1台の機械で家全体を空調するというものです。

主な機能としては、

全館空調でできること
  1. 冷暖房
  2. 24時間換気
  3. 空気清浄
  4. 加湿(メーカーによる)
  5. 除湿
  6. 部屋ごとの風量制御(メーカーによる)

快適な生活を送る機能は一通り備えており、採用すればレベルの高い生活環境が作れることは間違いありません。通常のエアコンよりイニシャルコストは高いですが、非常に魅力的な商品でスペックもかなり高いです。

※ちなみに本記事では、空調と換気を1台で行えるシステムを全館空調と位置付けます

空気清浄の仕方

各全館空調メーカー、かならず空気清浄機能が付いています。

特に、PM2.5が流行りだしてからはどのメーカーも力を入れ、空気清浄に関しては高い性能をもっています。

ではどのように空気清浄をしているのでしょうか?

フィルター式

全館空調のシステムの中に、高性能のフィルターを設け細かな粒子をキャッチするというもの。

全館空調は24時間換気も同時に行っているので、常に外の新鮮空気が家の中に入ってきます。と同時にそこには花粉やほこり、粉塵なども含まれます。

そこで、外の新鮮空気を部屋の中に入れる前に、高性能フィルターできれいにしてしまおうという方法です。

この方法は、最も一般的で各メーカー多く取り入れています。

メリット

・交換するだけなので自分でできてメンテナンスが容易

デメリット

・PM2.5以下の除去は難しい

電子式

全館空調のシステムの中に、電子式のフィルターを設け細かな粒子をキャッチするというもの。

先述しました高性能のフィルターはポリエステル・不織布・ガラス繊維が主な材質です。

それに対して電子式は、静電気で粒子をキャッチしてしまう方法です。

メリット

・PM2.5より小さなPM0.01まで除去可能

デメリット

・精密機械になるので、自分でのメンテナンスは不可 メーカーに依頼が必要

ほかにも、光触媒によって脱臭や除菌をする機能をもった全館空調もありますが、大きくわけると上記の2パターンになります。

では実際、どのメーカーの全館空調が空気清浄に長けているのでしょうか。

スポンサーリンク

アズビルの全館空調「きくばり」のすごさ

引用元 https://www.kikubari.com/special/index.html

筆者が知る限り、アズビルの全館空調がもっとも空気清浄に特化しています

空気清浄に関してだけは他の追従を許さないくらいに抜きに出ています。

実はこのアズビルの全館空調、あの「住友林業」が採用しているんです!!!

アズビルの空気清浄機能
  • 最大で1時間に3~5回、家全体の空気をクリーニング
  • 空気中の粒子をイオナイザでイオン化して帯電させ集じん
  • 2.5μm~0.1μmまでの微粒子を99%除去できる

機械室の中、もしくは2階の天井に電子式エアクリーナーと呼ばれる超高性能フィルターが取付られます。これが本当にすごい!!

フィルターに静電気を帯びさせて、0.1μmまでの微粒子を99%除去してくれます。

驚くべきはこの0.1μmという数値。他メーカーの場合、ここまで具体的な数値は出していません。

PM2.5という総称で明記されていることがほとんどです。

さらにそのフィルターを家じゅうの空気が1時間に3~5回通ります。家に入ってきた花粉なんて一発除去です!

ほかにも全館空調としての機能も充実していますが、空気清浄に強いこだわりを持っていらっしゃる方は、アズビルの全館空調を選ぶべきです!!

全館空調で空気清浄しない方にはこんなものもあります!(^^)!

でも空気清浄力以外は・・

VAV(個別風量制御)や加湿といった高性能な機能をオプションで採用することが可能です。

しかし他メーカーに比べると高額です・・(^_^;)

特に加湿に関しては、戸建てにはオーバースペックなのでは?というくらいの機械が入りますので個人的にはあまりおすすめしていません・・。

それであればVAVも加湿もちょうどいいバランスで入っているデンソーの全館空調の方が、戸建てには最適かと思います。

まとめ

最近では全館空調の採用率が高くなってきています。それは、昔よりも安価で採用できるようになったことと、ヒートショック防止や快適性へのニーズが高まったことが要因です。

全館空調は、基本的にはどのメーカーもやっていることは一緒です。

本記事で紹介したように「空気清浄であればアズビル!」のように付加価値を付けて、各メーカー販売しております。

もちろん、あなたに合った全館空調を選んでいただくことがベストなのですが、おうち選びはそれが全てではありません・・。

むしろ、ハウスメーカーによって採用できる全館空調メーカーは限定されています。なんでもできるわけではありません。

あくまで、おうち選びの本質的なものは他にあり、全館空調は付随してくるものというイメージでいましょう(^-^)

10年間住宅関係に携わって感じた、失敗しないおうち選びの方法を別記事で書いております。

よろしければお時間ある時にどうぞヽ(^o^)丿

少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


30代サラリーマンランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました